仕事ができる人の共通の特徴3選!これであなたも優秀認定!

独立を考えてる君へ

仕事をなかなかテキパキと進めることができていない、と悩んでいる方もいるかと思います。

その一方で、難しい仕事をしているのに着実にスピーディーにやり遂げる人もいるでしょう。

その違いは何なのか、気になりませんか?

今回は仕事ができる人の特徴を3つ紹介させていただきます。

ぜひ参考にしていただき、あなたも優秀なビジネスパーソンになってください。

みっくん
みっくん

仕事ができる人には

共通の特徴があるのか!

しっかりと学ぼう

①常に前向き

仕事ができる人は、常に前向きという特徴があります。

なぜなら、前向きでいることによって、良いことが起こることを知っているからです。

例えば、ポジティブに捉えることでストレスを減らすことができたり、次のタスクへスピード感を持って取り組むことができます。

元同僚の仕事ができる人の話ですが、初めて着手する仕事に対して、他の人が「難しくて嫌だな」と感じるようなことだったとしても、前向きに「やります!」と言って着手していました。

みっくん
みっくん

「やります!」って言うのって

とても勇気がいりますよね!

やっぱり仕事ができる人は挑戦心もあるんですね!

かなり大変そうでしたが、そんな彼は一生懸命やりながら且つ上司や先輩に助けを請いながら、なんとか完了させていました。

その結果、上司や先輩からさらに可愛がられて、出世していきました

この事例から分かることは、常に前向きでいる大切さだと思います。

みっくん
みっくん

後輩が一生懸命やってる姿って

先輩からすると応援したくなりますよね!

一生懸命やるってとても大事‼

まとめると下記のようなメリットを享受できます。

ストレス軽減

可愛がられる

出世に繋がる

これらのメリットは仕事をするにおいて、非常に大切で素晴らしいものですよね。

今日から「常に前向きに一生懸命やる」という姿勢で仕事をしてみませんか?

意識し続ければ、きっとあなたも仕事ができる人だと認められることでしょう。

ただ、職場や家庭で前向きになれない根本的な原因があるのであれば、その原因を解決しておく必要があります。

そもそもの悩みの原因を認識し、解決しておかなければポジティブになりづらいものだからです。

その場合は、一度立ち止まって現在の悩みを紙に書き出してみてください。

頭の中のモヤモヤを紙に書き出すことによって、認識していなかった悩みを新たに認識できる可能性もあります。

その後は、悩み解決のためにやるべきタスクを洗い出して淡々とこなしていくべきでしょう。

現状の悩みの対処をした後に、前向きな姿勢を手に入れて仕事ができる人になっていただければと思います。

②学びに投資している

仕事ができる人は、学びに投資しているという特徴があります。

学びに投資することによって、知識や能力が上がるのは当然のことですよね?

その結果、仕事ができる人になるのです。

みっくん
みっくん

単純だけど難しいのです!

学ぶという事は、何かを我慢し学ぶ時間を

作るのですから!

投資と言うと「お金」というイメージが強いですが、「時間」も投資するものとして含まれます。

例えば、資格を取ろうとした場合、勉強時間を確保する必要がありますよね。

お金で学習テキストを買うでしょうが、学習のための時間を確保するという意味で「時間の投資」も必要になるのです。

時間を確保するためには、時間を費やしている事柄を辞める必要があるので、お金を投資するよりも難しい人もいるはずです。

私の知人の話ですが、子どもが生まれてから自分の時間を確保することが難しくなったと言っていました。

ただ、奥様の理解があったようで、休みの日の午前中は資格の勉強時間として確保できたということでした。

早く子どもとの時間を作りたいから、猛烈に勉強をしたとのこと。

このように仕事ができる人は、うまく交渉や調整をし知識や能力を上げるための投資をしています。

仕事ができる人になりたい場合は、お金と時間を能力開発に投資してみてください。

③時間厳守

仕事ができる人は、時間を厳守しているという特徴があります。

なぜ仕事ができる人は時間を守るのかというと、自分と相手のスケジュールを重んじているからです。

もちろん自分のスケジュールを守り、スケジュール通りに仕事をしていくのは当たり前なことですよね。

そして、自分だけに留まるのではなく、相手のスケジュールに対しても気遣って日々仕事をしているのです。

結局、仕事ができる人は、「お互いにスケジュール通りに仕事を進めることができれば良い仕事ができるもの」だと認識しています。

みっくん
みっくん

他人との共存するには、

自分の事だけ考えるのではなく、

相手の事も配慮していくのです!

もし時間厳守ができないのであれば、下記のことを意識してみてください。

前日までに翌日のスケジュールを立てる

スケジュールにバッファーを設ける

5分前行動を徹底する

ただ単に「時間を守ろう」という意識をするのではなく、時間を厳守する人になるためには具体的に何をすべきなのかについて書き出しておくことが大切です。

とにかく具体的行動に落とし込んでいきましょう。

その結果、あなたも仕事ができる人になることができるでしょう。

まとめ

今回は仕事ができる人の共通の特徴を3つ紹介しました。

①常に前向き

②学びに投資している

③時間厳守

このような特徴を仕事ができる人は持っています。

もし今よりもっと仕事ができる人になりたいのであれば、今回の記事内容を参考にしていただけると幸いです。

ただ、今回紹介した3つのことをすべて一気に対応するのではなく、着実に1つずつ意識して対応するようにしてみてください。

思い切ってすべて一斉にやろうとしてしまうと、途中で挫折してしまう可能性があります。

しっかりと一つ一つ対応してみることをオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました